回答 その1 自分で創れるインテリアです

回答 その2 古い食器が斬新な花器に変身するマジックです

回答 その3 女性が習ってみたいお稽古事の常に10位以内にあります

回答 その4 やっぱり癒し系でしょう

回答 その5 知らないうちに伝統の奥深さを体験できます

草月流

初代家元・勅使河原蒼風が形式主体のいけばなに疑問を持ち、「個性」を尊重した自由な表現を求めたことから草月のいけばなは始まりました。 草月のいけばなは「型」にとらわれることなく、常に新しく、自由にその人の個性を映し出します。いけ手の自由な思いを花に託して、自分らしく、のびやかに花をいけていきます。また、時代と共に変化してきた草月のいけばなは、それぞれのご家庭で楽しむことはもちろん、ウインドーディスプレーや舞台美術など、社会のあらゆる空間に植物表現の美と安らぎをもたらしています。